顧問税理士とは

税理士法に基づき、税務に関する申告・申請・請求などの代行、税務相談、税務書類作成を行うことを業とする税理士を指します。 今の日本には7万人以上の税理士が居るそうです。そして事務所数は、およそ3万件と平成16年度の総務省が公表しております。税理士の年齢層はおよそ70歳以上、60歳代、50歳代、40歳以下が均等に4/1づつ割り振られています。

顧問業務

通常は、月に1度か何ヶ月に1度、依頼主の会社を訪問。税金に関すること、経営に関する相談に乗ってくれます。
更には、税理士によりますが、お願いすると難しい帳簿をつける作業も、やってくれる税理士もいます。決算期の時期が近づくと、節税の相談や、おおよその税金、などの話をします。
決算期になれば、帳簿を締め(決算)、税金の計算(確定申告)の代行をします。一般的には、毎月、税理士事務所の担当者が訪問し、毎月試算表などを作りま す。また月により 年末調整、確定申告などを行い、決算、税務申告を行います。これが一年間の流れです。しかし税理士事務所と契約したからといって、税理士が毎月来るとは限りません。また、仕事内容、事務所の方針、顧問料などによって、大きく異なります。企業側でデータを入力する場合や、税理士事務所の担当者が、手取り足取り何から何までやってくれる場合もあります。最近は事務所によって、経営計画など様々なサービスを付加する場合 もあります。

税理士となるのが可能な人

税理士試験合格者だけで構成されているわけでは無いのが税理士世界であります。珍しいことに税理士試験合格者は少数です。税理士になるには、特に3つの方法に分かれています。そのため税理士によって得手な業務、不得手の業務がおこるのです。
下記に3つです

○公認会計士・弁護士

税理士として登録する事により税理士になる事が可能

○税務署出身(試験免除)

税務署に一定期間、勤めることにより税理士として登録することが可能です。

○税理士試験合格

税理士の試験の合格者、また大学院を卒業することで、一定の科目を免除され税理士試験を合格した者

今すぐ税理士を探す

おすすめの顧問税理士をPICK UP!!

おすすめの顧問税理士を「はじめての顧問税理士」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

イメージコンサルタント 女性の相談専門 男性には相談しづらい女性のための女性による相談窓口 税理士新聞に掲載されました QRコード